メタボ メタボ
メタボ メタボ

メタボリックシンドローム 診断基準

メタボリックシンドロームの診断基準としては、

腹囲があります。

男性では、85㎝以上。

女性では、90㎝以上。

この条件にプラスして、

・高血圧

・高血糖

・脂質異常(中性脂肪が高い、HDLコレステロールが低い)

の3つのうち、2つ以上当てはまったら、メタボと診断されるんだそうです。

メタボ サルコペニア肥満

メタボ自体も、怖いものですが、最近は、メタボより怖い病気として、サルコペニア肥満というものが、取りざたされています。

なんか聞きなれない言葉ですが。


このサルコペニア肥満は、7~8年前ぐらいから、言われ始めていたらしいのですが、

つい最近になってから、その危険性が、指摘され始めたらしいです。


サルコとは、ギリシャ語で、「筋肉」。

ペニアとは、「減少」。

ということで、筋肉が少なくなり、全身が脂肪だらけになってしまう状態のことなんだそうです。


この病気の怖いところは、近親者はもとより、自分自身でも、気づきにくいということなんだそうです。


それは、徐々に、筋肉が減少して、その分脂肪が蓄積していくことによって、

見た目とか体重とかでは、わからないっていうことが、あるんだそうです。


たとえば、高校生の時から、ほとんど、体型も体重も変化していないっていう50代の人は、本人としては、大丈夫って思ってしまいがち。

でも、統計からすると、20代をピークにして、筋肉は減少していて、40代を過ぎると、毎年1%ずつ減少しているんだそうです。

ということは、体型も体重も変化なしだった場合、筋肉の相当な部分が、脂肪に入れ替わってしまっている可能性が高いということが言えるんだそうです。

このサルコペニア肥満の怖いところは、通常の人と比べて、糖尿病になるリスクが、なんと19倍にもなってしまうっていう報告が、あること。

これは、恐ろしいことです。

見た目、太ってるようには、見えないのですから。


だれが見ても、肥満ですよねっていう方なら、メタボのリスクがあるかもって、考えますが、

見た目、高校生のときから変化なしだったら、間違いなく油断してしまいます。


さらには、高血糖になるリスクは、2.3倍にも、なるんだとか。

さらに、さらに、転倒、骨折、寝たきりのリスクも高くなる可能性が、高いとか・・・

 

今のうちに、何か対策を、しておきたいものです。

ということで、気になったのは、お茶。
 

こちら⇒ あなたの毎日の健康と笑顔に。十津川農場の『ねじめびわ茶』 メタボ
 

このお茶は、もちろんメタボに効果が期待できるっていうこともあるのですが、

それ以外にも、たくさんの健康効果も、あるかもしれないっていうことで、研究されているらしいです。

それに、コスパも優れているので、続けるにも、続けやすいです。

 

売れ筋通販

 

 

 

© 2017 メタボ rss