防災ミサンガ

防災ミサンガっていう防災グッズが、あるんだそうです。

先日、テレビで紹介されていました。

2016年の夏に販売開始をして、すでに3,000個も売れているんだそうです。

 

開発したのが、「防災ガール」さんっていうところなんだそうです。

(防災意識の高い若者が中心になって、イベントや、グッズの提案を行っているところらしいです。)

 

ちょっと見ただけでは、これが、防災グッズとは、思えないほど、コンパクトにできているんですね。

基本的には、ヒモとホイッスルっていう構成になっているようですが・・・

このミサンガを、ほどくと、1メーターのヒモが2本になるんだそうです。

使い方としては、10通りもの使用法が、あるんだそうです。

 

・ホイッスルは、緊急時に笛を吹く。

・結び方で、止血するためのヒモになる。

・ヒモを掛けることができれば、物干しになる。

・ヒモを掛けて、その上に、布などをかぶせれば、簡易シェルターになる。

・腕などを骨折したときには、添え木を縛り付けることができる。

・靴紐になる。

・芯の部分は、燃えやすい素材でできているので、着火剤の代わりにもなる。

など・・・

 

さらに耐加重が、200キロにもなるので、このヒモ1本に、おとなが2、3人でぶら下がっても、大丈夫なほど、丈夫な紐なんだそうです。

ヒモって、必要なときに限って、見つからないものです。

まして、それが、緊急時ともなると、適当なヒモをさがしているような余裕などは、ありません。

こういうように腕に巻いておくっていうことは、とても理にかなっていると思います。


こちら⇒beORANGEミサンガ(パラコードブレスレット)

 

売れ筋通販

 

© 2017 防災グッズ rss